スライドの取り込み | マニュアル作成ソフトEZLecture<公式サイト>

スライドの取り込み

キャプチャー

キャプチャーとは、コンピュータディスプレイに表示されている画面を取り込む機能であり、EZLectureには「スマートキャプチャー」と「フルモーションレコーディング」の2種類のキャプチャータイプが用意されています。

また、吹き出しの自動挿入やマウスのカーソルパスの記録等、編集作業を軽減するためにキャプチャーと同時に実行する「キャプチャーオプション」が用意されており、これらの設定を「キャプチャープロファイル」として登録しておくことができますので、複数のユーザーが統一した設定内容でコンテンツを作成できるようになっています。

スマートキャプチャー

適したコンテンツ
  • マニュアル(Word / Excel / PowerPoint / PDF / HTML)
  • シミュレーション(HTML5シミュレーション / Ajaxシミュレーション / Flashシミュレーション
  • ビデオ(AVI / WMV / WebM / MPEG4 / Flash)
  • イメージ(PNG / JPEG)
  • 説明 マウスクリック(左/右/ダブル)イベントが発生する都度、あるいはキー入力イベントが発生する都度、カメラのシャッターのようにキャプチャーが実行され、イベントの数分のスライドが生成されます。

    編集画面例(スマートキャプチャーの場合)
    EZLectureの編集画面(スマートキャプチャーの場合)
    クリックすると図が拡大します。


    特徴 ・画面画像だけでなく、操作手順も同時に記憶
    ・画面変更時の差し替え(メンテナンス)が容易
    ・キャプチャーを間違えた際の再取り込みやスライド削除が簡単
    ・キャプチャーオプションが豊富なため編集作業が軽微
    ・特定イベントの際、自動的にフルモーションレコーディングに切り替え可能
    キャプチャー範囲 ・選択したアプリケーションウィンドウ
    ・デスクトップ全体
    ・任意に指定した範囲
    キャプチャー
    オプション
    ・フルモーションレコーディングへの自動切り替え
    ・オートパニング
    ・フルモーションレコーディングの設定
    ・オーディオ設定
    ・キャプチャー時のカーソルの動きを再現する
    ・クリック音の追加
    ・シンプルなカーソルパスを使う
    ・カーソルハイライト
    ・アノテーションの自動挿入
    ・OLEオートメーションの使用
    その他 スマートキャプチャー中の操作に関するショートカットキーの設定
    ・キャプチャーの一時停止/再開
    ・キャプチャーの停止
    ・キャプチャーのキャンセル
    ・手動キャプチャー
    ・事前キャプチャー
    ・フルモーションレコーディングの開始
    ・フルモーションレコーディングの停止

    フルモーションレコーディング

    適したコンテンツ
  • マニュアル(Word / Excel / PowerPoint / PDF / HTML)
  • シミュレーション(HTML5シミュレーション / Ajaxシミュレーション / Flashシミュレーション
  • ビデオ(AVI / WMV / WebM / MPEG4 / Flash)
  • イメージ(PNG / JPEG)
  • 説明 スマートキャプチャーとは異なり、ビデオのようにキャプチャーの開始から終了までの間のすべての動作を録画します。そのためひとつのスライドにすべての動作が記録されます。

    編集画面例(フルモーションレコーディングの場合)
    EZLectureの編集画面(フルモーションレコーディングの場合)
    クリックすると図が拡大します。

    特徴 ・すべての動作を忠実に再現
    ・用途が限定的
    キャプチャー範囲 ・選択したアプリケーションウィンドウ
    ・デスクトップ全体
    ・任意に指定した範囲
    キャプチャー
    オプション
    ・オートパニング
    ・フルモーションレコーディングの設定
    ・オーディオ設定
    ・キャプチャー時のカーソルの動きを再現する
    ・カーソルハイライト
    その他 スマートキャプチャー中の操作に関するショートカットキーの設定
    ・キャプチャーの一時停止/再開
    ・キャプチャーの停止
    ・キャプチャーのキャンセル

    PowerPointスライドの取り込み

    既存のPowerPointスライドをEZLectureに取り込む機能です。システムの操作説明に入る前の導入パート(概要説明や新旧機能比較等)に利用できます。またeラーニング教材としてそのまま利用したり、教材の背景として利用することもできます。もちろん取り込んだスライドにはアノテーションやインタラクションも追加挿入できます。
    既存資産を有効に活用し、より良いコンテンツを作成してみませんか!

    eラーニング教材の背景として利用した例 スライドの背景用に、あらかじめ作成したPowerPointスライドを取り込み、問題文や選択肢はEZLectureのインタラクション(テスト問題(正誤テストと複数穴埋めテスト))を挿入しました。
    制作時間は10分です(PowerPointのスライド作成時間含む)。

    Excel関数基本テスト
    クリックすると実際にテストを体験できます。

    表示されるインデックスページの「テスト」アイコンをクリックしてください。

    写真やイラスト等の取り込み

    コンピュータシステムを使わない業務のマニュアルはどう作れば良いか?たとえば製造部門での作業工程についてはビデオ動画を撮影し、マニュアルとして活用するケースが見られました。しかしビデオ動画だと、一部の工程の変更対応が面倒で、マニュアルのメンテナンスが追いついていないというお話を伺うことがあります。
    そういうお客様にご提案しているのが、工程ごとの写真やイラストをEZLectureに取り込み、マニュアルを作成するという対案です。
    もし一部の工程が変更されても、そのスライドだけを差し替えれば良いので、メンテナンス性は抜群です。また取り込んだ写真等にアノテーション(装飾)やインタラクション(ユーザーのアクションに対する反応)を簡単に加えることができますので、単なる写真の羅列マニュアルではないインタラクティブなマニュアルが作成できます。
    この機能を使うことにより、ベテラン従業員の技術伝承や事務作業のマニュアル化など、秀でた従業員の技をマニュアル化し伝搬する、暗黙知を形式知に変え広く伝えるということが可能になります。

    (例 その1)
    写真を取り込んでマニュアル化した例
    オートデモ編
    2枚の写真を使って簡単にマニュアルを作成しました。制作時間は4分です。指定された秒数に達すると、次の説明に移ります。

    オーブンの使い方(デモ)
    クリックするとコンテンツがスタートします。

    表示されるインデックスページの「オートデモ」アイコンをクリックしてください。

    (例 その2)
    写真を取り込んでマニュアル化した例
    チュートリアル編
    内容は上の「その1」と同じです。その1は設定された時間が到来すると次のスライドに進みましたが、「その2」は画面下部に追加挿入した矢印をクリックすることで移動します。「その1」をベースに矢印とインタラクション(「次へ」「前へ」「終了」)を追加しただけですので、追加の制作時間は2分です。
    これ以外に、写真に写りこんでいたゴミをペイントツールを使い目立たなくしました。

    オーブンの使い方(チュートリアル)
    クリックするとコンテンツがスタートします。

    表示されるインデックスページの「チュートリアル」アイコンをクリックしてください。