機能概要

EZLectureは、マニュアル作成時間の大幅削減と、ユーザーが理解し易い「動くマニュアル」をノン・プログラミングで作成することを目的に開発されたソフトウェアです。そして具体的な目標値として、次の2点を掲げています。

  • 操作マニュアル(手順書)作成時間を50%以上短縮する。
  • PowerPointのアニメーション設定程度のレベルで、高度なAjaxやHTML5をオーサリングする。

これらの目的や目標をクリアするため、EZLectureは徹底的に使い易さを追求しました。

スライドの取り込み

スライドとは手順の説明を施す画像のことで、システムの画面やPowerPointのスライド、写真やイラストなどを指します。EZLectureでは取り込んだスライドの上に、アノテーションとインタラクション(音声ナビゲーションやオートシェイプ、次ステップへの進行条件等)をレイアウトしていくため、もっとも基本的な要素と言えます。取り込み方法には3種類の機能を用意しています。

キャプチャー

キャプチャー
情報システムのマニュアルを作成する際のベースになる「画面イメージ」を、システムを操作するだけでスライドとして取り込む機能です。

>>詳しくはコチラ

PowerPointスライドの取り込み

PowerPointスライドの取り込み
eラーニング教材の背景、または問題文として、既存のPowerPointスライドを取り込む機能です。取り込むスライドは任意に選択できます。

>>詳しくはコチラ

写真やイラスト等の取り込み

写真やイメージの取り込み
コンピュータシステムを使わない業務のマニュアルはどう作れば良いか?例えば製造工程等は作業手順のステップごとの写真を取り込みマニュアル化できます。

>>詳しくはコチラ

アノテーションの挿入

アノテーションとは、EZLectureで作成するコンテンツの視聴者や学習者の補足説明の追加、反応の促進などの目的に使用できる、スライド上に配置するオブジェクトのことです。EZLectureでは大別して2種類のアノテーションを用意しています。ひとつはスライドの説明(補足説明)をするための音声ナビゲーションやオートシェイプ(図形)といった装飾効果。もうひとつは、反応を促すための視覚効果です。

装飾効果

オートシェイプ(図形)

オートシェイプの挿入
12種類の図形(吹き出し、円、長方形等)とテキストボックスを、スライド背景上にレイアウトできます。図形等はマウス操作で変形させたり、プロパティの調整で色を変えたりすることができます。

>>詳しくはコチラ

音声ナビ

音声ナビゲーションの挿入
音声ナビゲーションはその場で録音することもできますし、別途スタジオ等で作成した音声データをあてがうこともできます。また、英文に限っては「音声合成」機能を用意しています。

>>詳しくはコチラ

動画ビデオ

動画の挿入
別途撮影したビデオをスライド背景上にレイアウトすることができます。eラーニング等で動画説明を加える場合などには、便利な機能です。

>>詳しくはコチラ

イメージファイル

イメージファイルの挿入
スライド背景上にイラストや写真等のイメージファイルを挿入することができます。エンドユーザーの注意を惹くには効果的です。

>>詳しくはコチラ

視覚効果

パン&ズーム

パン&ズーム
静止画に動きをつけることができます。指定された時間になると、任意に指定されたスライド上の領域を拡大表示します。

>>詳しくはコチラ

スポットライト

スポットライト
指定された時間になると、任意に指定された領域以外が暗転します。暗闇に部分的に照明が当てられるような効果です。

>>詳しくはコチラ

その他のアノテーション

字幕

コンテンツの画面下部に字幕を表示させることができます。

フィードバック

シミュレーションコンテンツのキー入力アクションに対し、学習者がタイプしたキーをブラウザに表示します。

カーソルパス

静止画のスライド背景上を、マウスポインタが移動します。始点/終点の設定、ポインタ形状、クリック音等の設定ができます。
(キャプチャーによるスライド取り込みの場合は、カーソルパスを自動的に挿入することができます)

ハイライト

スライド背景が透けて見える透過度の有色シェイプです。スライドの一部を強調する際に使用します。