よくある質問

キャプチャーできないアプリケーションはありますか?

EZLectureが動作するOS上で動くアプリケーションであれば、クライアントサーバでも、ウェブアプリケーションでも、原則キャプチャーできないアプリケーションはございません。
ただし、特殊な画面処理をされているアプリケーションもあります。万一キャプチャーができなくても、弊社としては責任を負いかねますので、無料お試し版などでご確認の上、ご購入してください。

キャプチャーはどのタイミングで行われますか?

スマートキャプチャーは、キーボードのキーを押下した瞬間と、マウスのクリック(左/右/ダブル)がなされた瞬間に、画面画像をキャプチャーします。フルモーションレコーディングは、録画開始から終了までの間、ビデオ録画同様、すべての動作を動画で記録します。

キャプチャーし忘れた画像を、後で追加挿入できますか?

もちろん可能です。
別のプロジェクトでキャプチャーした画像を挿入する方法と、元のプロジェクトの続きから挿入キャプチャーすることができます。

キャプチャーした画像に写りこんだ個人情報を消すことはできますか?

EZLectureのペイントツールには、キャプチャーした画像の一部または全部に対し「ぼかし」をいれることができます。「ぼかし」のレベルは任意に設定できますので、完全に消去することはできませんが、認識できない程度までぼかすことは可能です。完全に見えなくするためには、消したい部分に図形等を被せることで対応できます。

音声を加えることはできますか?

もちろん可能です。
取り込まれたスライド毎や、追加されたオブジェクト毎に音声なナビゲーションを付加することができます。

オブジェクトの表示/非表示のタイミングを設定できますか?

可能です。
EZLectureのスライド上のオブジェクトはすべてタイムラインで管理されており、表示/非表示のタイミングを任意で設定できます。また表示/非表示のタイミングでトランジション効果を付加することも可能です。

LMSで学習管理はできますか?

可能です。
EZLectureで作成されるすべてのコンテンツは、eラーニングにおける共通化のための標準規格SCORM(スコーム)の要求事項に応えることができます。SCORMのバージョンは1.2と2004に対応しており、エクスポート時に選択することができます。

ライセンス・価格・サポートについて

ライセンスはコンピュータ1台ごとに必要ですか?

はい。コンテンツを作成されるコンピュータ1台ごとに必要です。
EZLectureはインストールした後に、ライセンス認証をしていただきます。ライセンス認証に必要なプロダクトキーは、ご購入いただいたライセンス数に応じて発行されます(重複することはありません)。別のコンピュータで作業を行いたい場合は、ライセンス認証済みのコンピュータの認証解除を行った後に、新しいコンピュータでインストールとライセンス認証を行ってください。

ライセンスの貸し出しはできますか?

貸し出しは禁じられています。
EZLectureのライセンスは、ご購入いただいた方(法人・個人)に付与されます。従って有償・無償に関わらず、貸し出しは許可されません。ただし特定のプロジェクトで第三者が使用しなければならない場合は、事前にご相談ください。

コンテンツを見る側にもEZLectureは必要ですか?

いいえ、必要ありません。
コンテンツを見る側のコンピュータに必要なソフトウェアは、Microsoft Officeやインターネットブラウザ、Adobe Acrobat Reader等の一般的なソフトウェアのみです。

できあがったコンテンツを配布する場合、別途料金はかかりますか?

弊社から別途料金を請求することはございません。

静的なマニュアル作成に特化した製品はありませんか?

現在のところ用意しておりません。

価格を教えて下さい。

1ライセンス350,000円(税別)です。お得なライセンスパックもございます。詳しくは価格とサポートのページでご確認ください。

ライセンス購入費以外に必要な費用はありますか。

いいえ、ございません。

ソフトウェア保守はありますか?

はい、あります。無償かつ無期限でEZLectureの操作方法に関する問い合わせ対応や、補修プログラムのリリース情報の提供、新バージョンの特別価格での提供を行っています。

旧バージョンの操作方法の問い合わせはできますか?

はい。最新バージョンでなくとも、ご質問にはお答えいたしますので、ご安心ください。

新バージョンが発売されたら、必ず購入しなければなりませんか?

そのようなことはございません。
バージョンアップを行うか否かはお客様の判断に委ねます。